3日目 南三陸 “住民の方々のスピリッツ”

女川の民宿を6時半に出ます。
 
 
この民宿もまた、復興に携わる方々が多く泊まっていました。
 
会社で部屋ごと借りて、長期滞在する方も多いそうです。
 

f:id:harayou:20151214052824j:image
 
 
食堂のおじちゃんに南三陸への行き方だったり、女川のことだったりを聞いて出発します。快晴。
 
 
 
 
この旅、本当に天気にはよく恵まれたなーと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この日の予定としては、
女川、南三陸、と午前中にまわって、
猪苗代湖畔の民宿に泊まる
 
 
500km超の移動です。
 
 
 
 
 
 f:id:harayou:20151214052835j:image


 
午前7時。女川町に到着します。
 
 
日本有数の漁港である女川漁港があります。
リアス式海岸の内陸側に市街地を構えていたこの町も津波による大きな被害を受けました。
 
 

f:id:harayou:20151214052847j:image
 
 
見てのとおり、何も無くなってしまいましたが、復旧作業に懸命に励む方々の姿が印象的でした。
 
 
 
 f:id:harayou:20151214052855j:image
 
 
(1年前)
 
f:id:harayou:20151214052905j:image
 
(昨日の南三陸)
 
 
 
一年前と比較して分かるように、建物が一つ取り壊されています。
 
写真を撮っている場所は、女川の高台。大体高さ30mほどあり、町の避難場所に指定されています。しかし、この高台の上まで津波は到達したそうです。
 
 
 
 
 f:id:harayou:20151214052916j:image
f:id:harayou:20151214052924j:image
 
 
 
高台には、モニュメントと献花台が設置されていました。今月、設置された新しいもののようです。
 
このモニュメントに書かれている、七十七銀行女川支店では、この中にいた12人もの従業員が死亡または行方不明となりました。今は遺族側が銀行側へ損害賠償請求を行っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
この女川では、さまざまな場面で、住民の方々の “スピリット” を感じました。例えばスローガン。
 
 
 f:id:harayou:20151214053055j:image
 
 
 f:id:harayou:20151214053100j:image
 
 
 
 
次に、南三陸に向かいます。
リアス式海岸の内側にある、田舎町です。
 
 
f:id:harayou:20151214053124j:image

 
 
その複雑な海岸から、津波の被害を受け、
多くの方が亡くなり、多くの方が行方不明になりました。
 
被災後は、旧防災庁舎があることで有名になりました
 
 
 
 
 
 f:id:harayou:20151214053132j:image
 
 
 
 
この防災庁舎の屋上より2mほど高くまで津波が押し寄せ、中にいた40人近くが犠牲になりました。津波来襲直前まで避難を呼びかける放送を行ったそうです。
 
今は、取り壊しか、残すかで議論されているそうです。僕が行った際には観光バスが2台ほどありました。
 
 
 f:id:harayou:20151214053142j:image
 
 f:id:harayou:20151214053148j:image
f:id:harayou:20151214053209j:image
 
この南三陸でもまた、多くの工事関係者の方々が懸命に復興作業に励んでらっしゃいました。1年前に存在していた家の土台が、取り壊されていました。完全にさら地にして、また新たに建設するのでしょうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
南三陸には、リアス式海岸という性質上、多くの島が存在します。そのうちの一つが、荒島です。
 
 
 
f:id:harayou:20151214053224j:image

 
南三陸中心部から車で数分。
 
陸とはつながっているため、歩いて行けます。
 
 
 
 


 f:id:harayou:20151214053232j:image
f:id:harayou:20151214053237j:image
 
 f:id:harayou:20151214053243j:image
 
標高46mの小さな島には、古くか弁才天の島として漁業者の信仰を集めてきたそうです。歩いて山頂まで登れます。
 
 
 
 
 
 
 
 
(猪苗代へ)
 
 
 f:id:harayou:20151214053306j:image
 
 f:id:harayou:20151214053310j:image
 
この日の泊まるところは、猪苗代湖畔にある民宿。
おばあちゃん一人で運営しているこの民宿は、とってもアットホーム
 
ばあちゃんが
「風呂入っておいで」
「ごはんできたよ!」
 
なんだか、本当におばあちゃんの家でした…笑。
民宿、おすすめです^^
 
 

 f:id:harayou:20151214053328j:image

f:id:harayou:20151214053333j:image

 

 

 

--

(広告)

f:id:harayou:20151214064716p:plain