46日目 蘇州 "水の都を歩いて"

上海から一足伸ばして、
蘇州に行くことにしました。
 
 
 
f:id:harayou:20151214050235j:image
 
地理的にはこんな感じ
100kmくらいです
 
最初は、杭州に行く予定だったのですが、
詐欺にあった影響で、杭州はあきらめざるをえませんでした。(悔しい)
 
 
これから何かと旅以外で中国に行く機会があると思うのでそのときに行こうかな、と思っています
 
 
 
 
計画としては、上海駅からバスで。
 
f:id:harayou:20151214050242j:image

 
 
上海駅に吉野家っぽいチェーン店らしきものがあったので、腹ごしらえ(400円。やっぱ中国は物価高い)
 
 

f:id:harayou:20151214050311j:image
 
蘇州行のチケット
(600円ほど)
 
 
 
 
 
バスに揺られ、2時間。
蘇州らしき場所に着きます。
 
 
f:id:harayou:20151214050321j:image

 
しかし、ここはどこだか全くわかりません。。。
 
 
周りの人に聞くも英語が通じず。
蘇州の細かい地図が無いため、地図で聞くこともできず
 
1時間くらい、途方に暮れていたのですが、
結局タクシーを捕まえ、中心部に向かいました。
(結局乗ってたバスは結局蘇州のかなり辺境に到着していたよう)
 
 
 
 
 
 
 
 f:id:harayou:20151214050342j:image
 
 f:id:harayou:20151214050348j:image
f:id:harayou:20151214050411j:image
 

 
 
 
ここは水の都、蘇州
 
ここもまた、我が家とつながりがあって。
父親は一人旅で、
茶道で准教授をやっている母親が
お茶を立てに来たことがあるそう。
 
 
国内志向が強く
かなりドメスティックな母親なんですが、
来たことがあるということで、
なんだか不思議な感じがします。
 
 
だからこそ、行ってみたい都市の1つでした。
 
 
 
さすが中国、この蘇州もとても歴史ある街です
 
春秋時代の紀元前514年、
闔閭(呉王)がこの地に城壁を築き
 
その後、呉の都として栄えました。
 
 
そのため、歴史のある建物が多い町でした。
 
 
 
f:id:harayou:20151214050436j:image
 
f:id:harayou:20151214050452j:image
f:id:harayou:20151214050454j:image


 
獅子林 
 
 
 
獅子林は元の時代の代表的な庭園です。
中国江南の庭園では太湖石がよく使われていますがこの獅子林はまさに太湖石をふんだんに使った庭園です
 
 
 

f:id:harayou:20151214050510j:image
 
 
庭園の中はそんなに広くないんですが、
石でできた通路がとても入り組んでいました。
 
それもまた、面白い
 
 f:id:harayou:20151214050531j:image
 
 
(道中の腹ごしらえ)
 
 


 
 
次に近くの拙政園へ向かいます。
こちら入場料が確か1300円ほど。
 
とても高く感じましたが、
ここはケチるとこではないと思い
入ります。中国四大名園の一つです


 f:id:harayou:20151214050734j:image
f:id:harayou:20151214050548j:image
 
 
 f:id:harayou:20151214050552j:image
 
 
 
拙政園は、1509年に官界に失望した御史王献臣が故郷に戻り、唐時代に建てられた邸宅や元時代の寺院跡地に庭園を建造したのが始まりだとされています。
 
 
 
 
この拙政園、
とにかく広い!
 
 
5万haほどあるとか。
 
 
あまりの広さにびっくりしましたが
時間もあったので3時間ほどかけてゆっくり回りました
 
京都の庭園とはまた違った感じの雰囲気を味わえたかなーと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
獅子林が石と水の庭園であるのに対し、
ここ拙政園は水と緑の庭園でした。
 
世界一の庭園文化を誇る、江南・蘇州に来たなあと
実感させられました。
 
 
 
 
 
f:id:harayou:20151214050628j:image

(男子トイレにあった看板。)
 
 
 
 
 
 
 
 
蘇州を出て、上海の宿に戻ります。
 
 
蘇州駅に向かい、電車の予約をします。
 
特急、快速列車などで、G,D,C とアルファベットで分けられています。
 
 

f:id:harayou:20151214050639j:image
f:id:harayou:20151214050642j:image
 
 
ここでは最も速い列車、G車を予約。(外国人は要パスポート)
40元(700円ほど)
 

f:id:harayou:20151214050702j:image
 
行ってみてびっくり。
G車は新幹線でした。
 
他の特急列車と比べてあまり値段も変わらないため、こっちの人たちは電車感覚で利用している感じでした。
 
それに驚きです。かなりの本数の新幹線が走っています。
 


 f:id:harayou:20151214050707j:image
また、蘇州の駅は中国の発展を象徴しているようで。
本当に大きい。きれい。
 
未来都市に来た気分になりました。
 
 
 
 
 f:id:harayou:20151214050714j:image
f:id:harayou:20151214050717j:image
 
 
 
速度は277kmまでいきます。
 
 
 
 
 
そんなこんなで、
ついに帰国の日が近づいてきました。

 

 

 

--

(広告)

f:id:harayou:20151214064716p:plain