33日目 バゴー "Circle Lineの冒険"

朝、あまりの暑さに目が覚めます。

なんで…と思って携帯みたら充電器ささってるのに充電されてない…

Wi-Fi…繋がらない…

ん…?…



と思ってルームメイトに聞いたら停電したそう。このミャンマーでは大規模な停電がしょっちゅうあります。滞在4日間で2回ありました。停電が日常と化している感じです。

んー不便。でも
こういう生活もありです…!


なんて考えて
ウトウトしてたら朝の7時…

今日は電車で2時間ほどのバゴーに行く予定。前日に8時ヤンゴン駅発のチケット買ってありました。

""これは間に合わない!!""

急いでシャワーを浴びて、準備して、でも何故か朝食はゆっくり食べてドミを出ます。



7時半。
30分で3km。始めは間に合う謎の自信があって余裕こいてたのですが、次第に "あれ?これ間に合わない?" に変わりました…f:id:harayou:20151214030211j:image



38℃の灼熱の中、ひたすら走ります…

ホームが分からずキョロキョロしてたら、"こっちだよ!" と3,4人のチームワークで案内してくれます。さすがミャンマー人



…8時ピッタリ。
電車が目の前で過ぎました…

"そんなにぴったりに電車はこないだろう、遅れるだろう"

という謎の自信もあったのですが、
よく考えると
始発の電車が遅れるなんて
そうそうないですよね…

こんな遠く離れた異国でも
いつものルーズさが…嫌になる(^^;;

炎天下走ったので
軽く熱中症になりかけて、途方に暮れてたら、ミャンマー人の

"Never mind!"
ありがたかったです(^ ^)
ということで、予定が丸々消えたので、サークルラインの旅に出ます(^-^)

サークルラインとは、東京でいう環状線みたいなもんです。80円ほど、2時間半で1週します。

f:id:harayou:20151214030248j:image

 


駅はこんな感じ

 


f:id:harayou:20151214030257j:image
f:id:harayou:20151214030319j:image

 

線路には芝生が生えまくってます…!
(大丈夫かな?)


f:id:harayou:20151214030332j:image

線路で犬がお昼寝

f:id:harayou:20151214030339j:image


車内はこんな感じ
…出発します!!


f:id:harayou:20151214030404j:image

f:id:harayou:20151214030411j:image

f:id:harayou:20151214030418j:image

 

出発して少しして
こんな光景がよく見られます。


f:id:harayou:20151214030435j:imagef:id:harayou:20151214030441j:image

洗濯物…!?


線路に洗濯物を干しています笑


f:id:harayou:20151214030503j:imagef:id:harayou:20151214030510j:image

 

子供たちが遊んでいたり、洗濯物を干してたり、線路で新聞読んでたり

人々の生活とすごく近い距離で電車が走っています。


 

f:id:harayou:20151214030516j:image

たかだか数キロ進んだだけで
草原に出ます。
電車は大体25キロくらいでゆっくりゆっくり進みます。



ただ、線路はガタガタ。
上下左右に音を立てて揺れ、
本当に線路の上走ってるか
疑問なくらいでした(^^;;


失礼な言い方かもしれませんが、
多分、駅の設備、線路、運賃回収方法、いろいろひっくるめると、日本の100年前くらいの水準じゃないかなーって。


タイムスリップした感じ…!最高


f:id:harayou:20151214030525j:image


そしてたまに日本の車両を見かけます。


鉄道あまり詳しくないけど、
これ確か北海道の車両!?
ミャンマーでは日本のバスや電車が使われてるのをよく見ます。

f:id:harayou:20151214030537j:image

(街中では幼稚園バスが路線バスとして走っています)



f:id:harayou:20151214030552j:image

 


そして、駅にはボーッと過ごしている人がとても多いです。街中でもやっぱり多いです。ラオスでもそうでした。何でかなーって思ってたのですが、この旅で出会ったある旅人がこう言ってました。

"こっちの人たちは仏教への信仰心が強いから、来世における転生に希望を託してるんじゃないかなあ"



本人たちには聞きませんでしたが、なるほど、何となくそんな気がします。

休みなく働いている日本人の視点からすると考えられないし、'来世があるから!' と言ったら変な目で見られてしまいます。でも、そういったのんびりした考え方もあるんだなあ、素晴らしいなあとちょっと感慨深かったです…


電車には乗り遅れてしまいましたが、ゆったりまったり最高の電車旅でした…!ハプニングがきっかけでこんないい思いもできるんですね(^ ^)





まだ続きます

iPhoneからの投稿