27日目 ビエンチャン "のんびり生きること"

 

f:id:harayou:20151214023831j:image

タイとラオスの国境、
メコン川

ここには2国間の友好を示す
"友好の橋" が4本かかっています。


ここビエンチャンには、
"第1友好の橋"
を使って行きます。

f:id:harayou:20151214023845j:image


この友好の橋ですが、1年前初めて海外に行ったときに訪れました。初めて見る国境に感動した覚えがあります。



何もかもが初めてで、何も分からなかった初海外。あのときから比べると少しは成長したかな?と思ったり。

臭いこと書いちゃったいましたが



でもまさか、1年後に1人で来るなんて夢にも思ってませんでした


f:id:harayou:20151214023919j:image

 

このビエンチャンですが、
首都とは思えないくらい、
とってものどかな町です。


人口600万人の静かなこの国は
就業者の8割以上が農業を営んでいるそう。



f:id:harayou:20151214023928j:image

僕にとって
ラオスが東南アジア旅で
最後の国。




つまり、
これで東南アジアすべての国を回ったことになります。実際に歩いてみて比較すると、似ているようで個性がある10もの国々の、各国にはそれぞれのよさがあると思います。



f:id:harayou:20151214023954j:image


例えばこのラオスだったら、
ゆったりと流れるメコン川

これがこの国の雰囲気を象徴するようで…



f:id:harayou:20151214024001j:image



それを感じたのはこの国の人たちの性格。例えばトゥクトゥク。トゥクトゥクの多い、カンボジアやタイだったらとても積極的に勧誘してきます。ベトナムだったらバイクタクシー。それはときに強引に。



しかし、この国の人たちは決してそうはしません。トゥクトゥクのおじさんは旅人である僕に静かに "Hello" と挨拶をするだけ。

乗りたかったら言ってね
というスタンスでした。



f:id:harayou:20151214024025j:image

(朝によく見られるお坊さんの行進)

また、町中には椅子に腰をかけ、ボーッとしている人が多い印象。ときにはタバコを吸い、近所の人とお話をし、のんびりと過ごしています。



f:id:harayou:20151214024041j:image


そして、
毎晩行われるナイトマーケット
夕方になると毎日、メコン川沿いにテントを立てます。夜になる頃には屋台が並びます。


そして、夕方になると踊り出す。
毎日がお祭りです。



f:id:harayou:20151214024048j:image



僕はこの国が大好きです。
なんか、
自分の育った故郷に似ていて



鹿児島の姶良町という当時人口4万の小さな町に12歳まで住んでいました。あの町も、桜島を眺めながら過ごし、のんびりとゆったりと時が流れるような町でした。


誰も慌てることなく、
競争することもなく、
のびのびと過ごしてました。



だから、
とっても似ている気がしました。
この町で3日間過ごして、それに気づけて心の底から感動しました。



そして
大好きな故郷に帰ってきたみたいで
本当に嬉しかったです





f:id:harayou:20151214024222j:image


ラオスの料理です。
名前は忘れましたが、
この国の料理はどれも野菜が多い印象です。農業国らしいです


f:id:harayou:20151214024129j:image

町の中心部にある
国立博物館にも行きました。
13時開館だったので、13時過ぎくらいに行きましたが、開いていません。


入り口近くでボーッとしてた係員らしきおばちゃんに "時間だから開けてほしい" と言ったら開けてくれました。


一国の国立博物館がこんな感じでした(*^^*) なんか微笑ましかったです(^-^)笑



f:id:harayou:20151214024133j:image
ラオスの民族衣装

f:id:harayou:20151214024145j:image



ラオスの田舎のほうの住居


f:id:harayou:20151214024154j:image

ラオスのパトゥーサイ
f:id:harayou:20151214024227j:image


からの眺め





これまで会ってきた旅人に "ビエンチャンに3日間滞在する"、って言ったら"することないよ?" って言われてたのですが、名所も多くないし、町も小さいし、確かにすることはあまりありませんでした笑


でも、この町でのんびりボーッと過ごせたのがとても気持ち良かったです。

f:id:harayou:20151214024228j:image

欲を言えば、バンビエンやルアンパバーンまで行きたかったです。旅の日程が押してること+ビエンチャンの飛行機を予約してることからラオスの滞在はたった3日間でした。


そのため、不可能だったのですが、もし今度来れたときには1週間くらい滞在して、バスで北上。ルアンパバーンまで行きたいです





次はついに南アジア
ミャンマーへ向かいます!

iPhoneからの投稿