25日目 ノーンカーイ "国境の町"

 

f:id:harayou:20151214023254j:image


20時、バンコク中心部のファラポーン駅からの夜行列車に乗ります。

f:id:harayou:20151214023310j:image

値段は、
645バーツ(2000円くらい)

f:id:harayou:20151214023323j:image

 


ここがバンコクの中心駅、
ファラポーン駅


16時くらいに着いてしまって、
重いバックパック背負って
ウロウロするのもあれだったので、
16時からずっとホームで本読んでました。


f:id:harayou:20151214023340j:image

晩ご飯またまだチキンライス(130円ほど)




すると18時ぴったしに、
何やらみんな立ち上がります。


んんっ!?
(写真はないです…)




観光客も全員立っています。
なのであわせて立ちます
そして突然、国歌のような音楽が…




中にはお祈りを捧げる人も。
仏教信仰の強いタイならではだと思いました。




あと他にも
駅のベンチには何かの優先席のようなものがある…と思ったら、後で見たらお坊さんが座っていたり。


お坊さんのための優先席
だったんですね!





f:id:harayou:20151214023354j:image

 

時間も近くなり、寝台列車に乗ります

f:id:harayou:20151214023401j:image



2等を予約したのですが、
最初乗ったときベットが無かったので、あれ?3等じゃないか?と思い、乗務員に聞いたらこれが2等とのこと。




座りっぱなしの夜になるかと思いきや、


f:id:harayou:20151214023422j:image


実はベットになりました



これが結構快適です!
ただ、深夜もずっと明かりが付いていることと、トイレがただの穴(線路に落とすやつ笑)だったのはびっくりでしたが…(^^;;



f:id:harayou:20151214023628j:image

f:id:harayou:20151214023441j:image

朝になり、

到着の8時。駅に着いたので、
定刻通りに着いた!!


と思ったのですが、
なんとウドーンタニー駅。


もう到着の時間なのに
まだ150km近くあります(^^;;





f:id:harayou:20151214023502j:image


f:id:harayou:20151214023517j:image

 

大幅に遅れ、10時に到着!
2時間近く遅れましたが、のんびり鉄道旅、全然許容範囲です!


f:id:harayou:20151214023533j:image
トゥクトゥクを使って、
駅からノーンカーイ中心部へ


f:id:harayou:20151214023546j:image

国境の町、ということで、外国人で賑わっていると聞いたのですが、
外国人は全くいません(^^;;


のんびりとした静かな町でした。



f:id:harayou:20151214023554j:image

広大なメコン川。
幅200mほどあります。


このメコン川の向こうは
ラオスの首都ビエンチャン


こんな近くに、他の国が見えるなんて、川の向こうには違う国が広がってるなんて…


日本じゃ経験したことなかったので、感動です




そしてこのメコン川、
あまりにも大きいからか、
川の流れが恐ろしいくらいゆったりとしています…

 

f:id:harayou:20151214023604j:image


ノーンカーイやビエンチャンのゆったりした感じを象徴しているようでした




こういった田舎町、大好きです
バンコクから600km近くの移動
鉄道でまったり来て良かったな、
と感じました

f:id:harayou:20151214023615j:image


メコン川を越え、
ビエンチャンに向かいます


iPhoneからの投稿