20日目 ホーチミン "日本語コミュニケーション"

 

f:id:harayou:20151214013502j:image


ここホーチミンでは
日本人によく会います。


1人旅だったり、
友達との旅だったり、
卒業旅行だったり、
いろんな形で旅してる日本人がいました

だからこそ、
現地の人たちは
日本語話せる人がとっても多い!


日本人とコミュニケーション取りたいと思ってる人、
日本人相手に商売しようと思ってる人、
いろんな人がいました。


f:id:harayou:20151214013510j:image


ホーチミン中心部にある
メークローン市場



ここが1番面白かったです…笑

"オニイサン、トケイヤスイヨ"

"コノフク、イカガ?''

"ボウシ、ホシイ?"

などなど…
腕を引っ張りつつ強引に
断ったら時に強引に叩いてきます。笑

叩いてくるんですよ?笑


f:id:harayou:20151214013535j:image


そしてある人は

"オニイチャン、コノトケイ、ニセモノ"

確かに、東南アジアの市場で売られている時計は大体偽物だったり…でもそれを堂々と言っちゃうんだ…(^^;;


めっちゃ笑いました(^^;;




 

片言の日本語で話しかけて来ます。ベトナム語のゆったりとした話し方で日本語を話すと男女問わずとってもかわいいんですよね。


強引でも商売目的でも、
日本語を話す努力をしてくれるだけで
嬉しいものですね!!




f:id:harayou:20151214013552j:image


その日ともに過ごしていた日本人を見送って、"ベトナム戦争証跡博物館" へ向かいます。

ここには、ベトナム戦争の傷跡をそのまま展示してあります。米軍による虐殺、破壊行為、枯れ葉剤により生まれた奇形児、ホルマリン漬けの異常胎児…


かなり衝撃的なものばかりですが、ホーチミンを訪れた際には行った方がいいと思います。
f:id:harayou:20151214013646j:image

f:id:harayou:20151214013650j:image

 

フランスの植民地から独立した直後の南北戦争。宣戦布告なしの戦争です。冷戦の真っ只中であり、米ソが介入し、南北に分かれ、戦争が行われました。

 

 

 

 

 

 

アメリカの最新の戦闘機も、ジャングルでの戦闘にに慣れたベトナム兵に苦戦しました。あれだけの被害を生んだ原爆を使おうとすらしました。そこで用いられた

 

 

枯れ葉剤
f:id:harayou:20151214013702j:image

f:id:harayou:20151214013708j:image

f:id:harayou:20151214013723j:image

 

樹木が枯れ、ジャングルがなくなればベトナム兵も隠れることが出来ないだろうという考えです。

 

 

これが多くの苦しみや悲しみを生みました。枯れ葉剤を浴びた方々の子供、そして孫までも、今なお、苦しんでいる方々がいます。

 

 

 

奇形児の写真、ホルマリン漬けになった幼児の写真……

 

衝撃的でした。
f:id:harayou:20151214013749j:image

 

枯れ葉剤だけではありません。

アメリカ軍は罪のない一般人への虐殺を繰り返しました。

f:id:harayou:20151214013755j:image


1975年、サイゴン陥落。

つまりアメリカの敗北です。

アメリカを撤退に追い込んだベトナム兵。"アリが像に勝利した戦い"という表現がありました。

植民地にされていた国が、大国に勝利した戦争です。ベトナム兵の地道な努力により勝利を掴みました。

クチ・トンネル

です。これについては次の記事で少し書きます。


iPhoneからの投稿