15日目 シンガポール "日本語を勉強すること"


f:id:harayou:20151214011519j:image



シンガポール国立大
20歳で人生で初めて海外に出たとき、この大学に行きました!

 

f:id:harayou:20151214011525j:image

この大学で授業受けたこと、海外で初めて友達ができたこと、食堂で一緒にご飯食べたこと、北大の魅力を伝えるプレゼンを頑張ったこと、いろいろ思い出しました!


なんか臭い言い方だけど、
いろんな意味で原点になった場所なので、ちょっと特別です


f:id:harayou:20151214011554j:image


日本語文学科の仲間たち

札幌で一緒に遊んだり、シンガポールに行ったときには案内してくれたり、とってもいい関係です


f:id:harayou:20151214011605j:image

食堂で日本語の質問を受けます…



自分が日本語ネイティブって考えると変な感じしますよね…笑。ネイティブ?でも分からない問題とかあったりしたので、つくづく日本語って難しいと思います…


そして、NUS(シンガポール国立大)のスパルタ教育を受けている彼ら彼女らの日本語は日本人そのもの…!



自分も見習わないとな、といつも思い、刺激されてます


f:id:harayou:20151214011616j:image


構内を走るバス。
バスじゃないと移動できないくらい広いです。


f:id:harayou:20151214011629j:image

学食!300円くらい?




16時半から日本語学科の特別講義があるということだったので、待たせるのも申し訳ないと言われたので、僕もこっそり参加…!


まさか旅の途中で、現地の大学の講義を受けるとは想像すらしていませんでした(^^;;笑。



ある新聞社主催の新聞勉強会
みたいなもので、
ゼミ形式で少人数でした。

講師はなんと日本人

日本文学科なので、日本語で新聞の読み方、データベースでの記事の探し方について説明して行きます。

生徒は10人程度なのですが、出るわ出るわ質問質問。とっても意欲的。寝てる人はおろか、スマホをいじってるひとなんて誰もいないです。

実際に海外の授業を久しぶりに受けて改めて日本と違うな…って感じます。日本の大学生のスタンスを否定する気は全くないですし、実際、迷惑かけなければ人それぞれのスタンスで全然いいと僕は思います。



ただ、残酷なくらい差はまざまざと見せつけられました…あせるあせる


彼ら彼女らと久しぶりにあって、とっても有意義なキャンパスライフ?を送れました!


これが大学生活最後の旅になるので、
これから会うのは難しくなるだろうけど、インターンだったり学会だったり、今度は学問的な方でシンガポールに来れたらなと思います




次はカンボジアのプノンペンです!


iPhoneからの投稿